Skip to content

医療脱毛のメリットとは

医療脱毛は、エステなどの行っている脱毛と明確に区別するためにつけられています。明らかな違いはその出力で、医師が扱える出力は、エステが扱える出力を、はるかに上回っています。光脱毛は、黒色に集中し、それが熱エネルギーに変換されることで発毛組織を破壊するというプロセスで脱毛効果を得るものです。出力が大きければ効果も高く、低ければそれに見合った効果となります。

短期間で最大の効果を得ようとすれば、医療脱毛のほうがおすすめということになります。やけどのリスクも出力に準じて高くなりますので、大きな出力を扱えるのは、医療行為によって処置が可能な医療機関ということになります。もともと脱毛のためにわざとやけどを負わせるものなのですから、それ以上のトラブルを避けるためには、適切な医療行為が必要になります。また、出力の大きさに伴い、「痛み」も大きくなります。

もちろん感じ方には個人差がありますが、総じて「出力が高いと痛みも大きい」といった感想が持たれています。医療機関では、麻酔など、痛みのストレスを軽減させる対応が可能ですが、エステでは「冷やす」といったことしかできません。そのような面からみて、医療機関で行う医療脱毛は、出力の調整も上限が設けられているのではなく、医師の裁量に任されているのです。もちろん医師といえど、技術力や経験値が求められますので、評判の良い病院もあれば、不満が集まる病院もありますので、どこで施術を受けるのかは、大きなポイントになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *