Skip to content

クリニックや病院で行う医療脱毛について

医療脱毛とは、クリニックや病院など医療機関の皮膚科で行う脱毛です。最近主流なのは、医療用のレーザーを使った医療レーザー脱毛で、出力の高い医療用のレーザーを使って脱毛を行うので、効果が非常に高いのが特徴です。その他の脱毛法には医療針を使ったニードル脱毛があり、1980年代までは多くの医療機関で行われてきましたが、毛穴に針を刺して微電流を流して毛を作る働きをする毛母細胞を焼き切るために強い痛みが伴うことと、毛の一本一本を人の手で処理するために、非常に時間がかかりその分費用が高額になることから次第に施術を行う病院が減少してきました。しかし、目で一本一本確認しながら脱毛をするので効果が高いため、確実に永久脱毛をしたい方にはまだまだ人気があります。

繊細なデザインにも対応できるので、ひげや襟足の脱毛にも向いています。医療脱毛は医師本人や医師の指導ものと看護師により施術が行われるのでたいへん安心ですし、レーザーがムダ毛の黒色メラニン色素にしか反応しないために周辺の皮膚にダメージを与えることがほとんどないので、安全性が高いことでも知られています。ごく稀に軽いやけどや赤みが出るケースがあっても、すぐに医師の治療が受けられ抗炎症効果のある薬が処方されるので大事に至ることがありません。ですので、専門家による脱毛を検討中の方には、脱毛効果の高さと医師がいる精神的な安心感を考えて医療脱毛を行うことをおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *