実用性に富んだ中古トラックを買ってみよう
2021年6月30日

廃車が高く売れるのが今の時代

廃車とは一般に車をスクラップにするというイメージがありますが、本来は少し意味が違うものなのです。廃車とは「自動車の登録を抹消する事」であり、つまり登記簿上から消えるのであって、実際にスクラップになるかはまた別の事なのです。スクラップにするのは「永久登録抹消」手続きの事を言います。海外赴任で長く車を使わない時や、車検の費用が用立てられない時、オークションなどで他人に譲渡する時などは「一時登録抹消」の手続きをします。

この手続きをする事によって重量税などの税金や自賠責保険料が掛からなくなるのです。下取りに出す以外で、自分の乗っていた車を廃車にする時は主に2つの方法があります。1つは自分で全ての手続きを行なう方法と、もう1つは解体業者に依頼する方法です。昔はマニュアル本などで自分で続きをして費用を浮かすという事が奨励されていました。

しかし、印鑑証明書や抹消登録申請書など必要書類を市役所や陸運支局まで行って手に入れ、書類に必要事項を書き込んだりするのは時間と手間が掛かり、忙しい現代人には無理があります。そのため、今の時代の廃車のお勧めは解体業者に依頼する方法です。解体業者に依頼すると、解体料金や自走できない場合はレッカー代を取られると考えている人が大勢いると思いますが、それは昔の話であり、今は乗れなくなったような車でも買取をしてくれます。なぜ買取をしてくれるかというと無傷の部品を取り出して再利用したり、鉄くずが高価に売れるという時代背景があるからです。

また、面倒な書類手続きもほとんど行なってくれ、解体工場などに車を持ち込んで住所・氏名などの簡単な記入だけで手続きはすぐに終わります。ネット上には廃車一括見積りサイトや業者のサイトがあるので、一度見積りを出して高価に買い取ってくれる業者を探してみる事をお勧めします。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です