実用性に富んだ中古トラックを買ってみよう
2021年9月18日

中古車の選び方について

中古車を購入しようと思っている人は、どのように見極めたらよいか迷うことがあります。新車であれば、購入後の不具合や気になる点をすぐにメーカーのディーラーに持ち込めば良いですが、中古車は1年保証が基本となるため、それ以降のメンテナンスを考えると購入時には慎重になることが普通です。では、どのように中古車を選べばよいのでしょうか。方法はいくつかありますが、まずは欲しい車種を探した上で、走行距離や年式、修復歴の有無をチェックします。

インターネットや広告に掲載された中古車の情報でもこれらの情報は最低限掲載されているのが普通で、まずはこのボーダーラインを決めておきます。次に、実際に見に行き、自分でエンジンを始動することです。エンジンの調子が悪い場合、始動に時間がかかったり、セルが回転してからのつながりが悪かったりと様子を実感することができます。そして、実際に走行してみます。

公道に出て、アクセルの踏み込みからブレーキング、コーナリングや立ち上がりなど、細かい点でチェックしていきます。あとは、エンジンルームの点検や、トランクルーム、後部座席やシートの状況など気になる点を見ていきます。ボディの細かい傷は許容範囲であれば合格点とします。最後に、タイヤの状況をチェックします。

タイヤは交換されていたり、古いタイヤのままであったりするため、購入後すぐにタイヤを交換しなくてはいけないという状況の場合、余計は出費になってしまうため、チェックが必要です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です