実用性に富んだ中古トラックを買ってみよう
2021年9月24日

新古車は中古車それとも新車

中古車の中には、新古車あるいは未使用車と呼ばれるものがあります。このようなクルマは新車なのか、それとも中古車なのか紛らわしいのですが、結論から言うと限りなく新車に近いけれども中古車ということになります。クルマは登録した時点から中古車扱いとなるからです。新古車(未使用車)を購入するメリットは、クルマのコンディションは新車とほぼ同等でありながら、新車よりも若干安く購入することができることにあります。

また、納車までの期間が新車のように待たされることがありません。手続きさえ完了すれば、すぐに乗って帰ることも可能です。ただ、注意しなければならないのは、実際の費用に関しては見積もりを出してみないと、果たして本当にお買い得かどうかがわかりません。新古車の場合、税金などの諸費用を抑えることができますが、新車のように値引きをしてくれない可能性があります。

そのため、もし新車の見積もりと比べてそれほど割安感がない場合は、新車を購入するほうが良いということになります。新古車はメーカーオプションやボディカラー、グレードなどを選ぶことができなかったり、すでに登録から時間が経過しているので、最初の車検まで3年を切っていたりと、デメリットも存在しています。したがって、その点も良く考慮した上で、お買い得感があるのかどうかを判断する必要があります。グレードやボディーカラーなどが気に入り、その上で割安感も大きい場合は、購入を考えても良いでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です