実用性に富んだ中古トラックを買ってみよう
2021年10月24日

中古バイクの買い方について

中古バイクを購入する場合、安い価格で目当てのバイクが手に入るというのはメリットです。ただ、選び方に注意しないとあっという間に買い替えが必要になったりもします。購入してもらうためにどのバイクショップでも見た目は美しく整えているでしょう。しかし内部パーツもきちんと整備できているかどうかはお店ごとに違います。

品質評価者在籍店ステッカーがある信頼できるお店を選びましょう。中古バイク選びは、まずは信頼できるショップ選びから始まります。お店で気になる商品を見つけたら、実際に行って現物を見てみましょう。優良ショップであればよいのですが、中には事故で過去に破損した車体を修理して販売しているお店もあります。

その場合には目には見えないけれど重大な欠陥が残ったままのものあり危険です。ハンドルのゆがみやステップゴムの減り具合などチェックしておきましょう。同じ優良店の同じ車種であってもその品質は1台1台異なります。ただ外見的にはほとんど変わらず、値段で見るだけです。

そんなときにはプライスカードや品質評価書にメインフレームの修正や交換をしたものかどうか、整備実施の有無、エンジンの状態・電気や保安などの状態を表示しているので合わせてチェックしましょう。初心者は安心安全に新品が良いように思われがちですが、実際にはバイク初心者はよく転倒します。そのため中古の安いものを買って何度も転倒しながらも練習を重ね、そして新品のお目当てを買うほうがよいのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です